HOMEお知らせ > 厚労省の発表によると2016年度の介護施設での虐待は過去を更新

厚労省の発表によると2016年度の介護施設での虐待は過去を更新

2018/03/13/

高齢者虐待は施設でも在宅でも増えている!
厚労省の発表によると2016年度の介護施設での虐待は過去を更新。そのうち、25.9%は過去に苦情や行政指導を受けていた施設。 厚労省の担当者は「なぜ繰り返し起きたかは分析できていない、市町村に指導した後も注視するよう伝える」とコメント。虐待防止法が施行されて12年、防止法が機能していない責任は誰にあるのか。虐待や拘束の抑止力が機能し利用者の人権を守っている努力をしている施設はUビジョン研究所の認証「悠」施設だけ。市民は賢く施設を選ぼう!!!

 ページ上部へ戻る